紫外線と顔のニキビの関係

MENU

紫外線と顔のニキビの関係

 

「紫外線は肌に悪い」というのはよく言われていますが、では実際に肌に紫外線がどんな悪影響を与えるのか、と聞かれると、「シミができる」「シワができやすくなる」など、シミとシワの問題について答える人が圧倒的に多いです。

 

もちろんそれも正解なのですが、紫外線が肌に与える悪影響はそれだけではありません

 

実は紫外線の悪影響は、顔のニキビにも大きく関わっているんですよ。

 

紫外線を浴びれば浴びるほど、顔のニキビは悪化する!?

紫外線がどんなふうに顔のニキビに関わってくるかというと・・・
紫外線で肌が刺激を受けると、そこに活性酸素が大量に発生するんですよ。活性酸素とは、ものすごく簡単に言うと「人の細胞を錆びつかせるなど、細胞に対してあらゆる面で悪さをする存在」です。そして活性酸素はニキビの発生原因のひとつにもなっているんですよね。

 

さらに活性酸素は、ニキビの発生原因となるだけでなく、ニキビの炎症を悪化させる、という悪さもしてしまいます。

 

強い紫外線を浴びれば浴びるほど、ニキビができやすくなったり、炎症が悪化したりするというわけなんですよ。

 

ですから顔のニキビが気になる人は、紫外線対策をすることが必須!というわけです。

 

油分の多い日焼け止めにご注意!

さて、紫外線対策の基本として使われるのが日焼け止めですが、この日焼け止めについても、注意しなければいけないポイントがあります。

 

それは・・・「日焼け止め自体の油分が多いと、毛穴を詰まらせてしまい、これまたニキビの発生原因になりかねないということ。

 

「徹底したUVケアをするためには、SPF値がもっとも高い最強の日焼け止めを使うのが一番」と思う人も多いですが、日焼け止めはSPF値が高ければ高いほど、油分も多くなりがちなのです。

 

それに、日焼け止めというのは、実は「それだけ」で完璧な紫外線対策ができるわけではありません。本来の効果を発揮するためには、それこそ肌が日焼け止めでベタベタするくらい、相当大量につけないとダメなんですよね。

 

油分の多い日焼け止めをそんなに大量につけたら、毛穴が油でふさがってニキビができやすくなるのは当たり前ですよね。ですから現実的には「日焼け止めだけでの紫外線対策」には限界があります。
パウダーファンデーションなど他のアイテムも加えて、トータルで紫外線対策
をすることが大切ですよ。