ニキビ改善、予防のUVケア法

MENU


顔のニキビが気になる人のUVケアのポイント

 

正しいUVケアで活性酸素を増やす原因となる紫外線から肌を守ることは、
顔のニキビの発生・悪化予防にもつながります。

 

具体的なUVケアのポイントを、ここでご紹介しましょう。

 

日焼け止め選びのポイント

紫外線をできるだけカットしようと思うと、
どうしてもSPF値の高い日焼け止めを選んでしまいますが、SPF値が高いほど油分は多くなりがちですし、
成分そのものが肌に与える刺激も強くなる、というデメリットがあります。

 

それに、そもそも日焼け止めのSPF値どおりの効果を得るには、普通じゃ考えられないほどの量を使わないと無理なので、「日焼け止めだけに頼る」ということ自体が間違いなんですよね。

 

日焼け止めについては、まずはSPF30程度までの、強すぎないものを選べばいいでしょう。さらに、できれば油分がほとんどない、いわゆる「さっぱりジェルタイプ」「オイルフリー」のものを選ぶことをおすすめします。

 

これだけじゃUVケアとして頼りない、と思われるかもしれませんが、大丈夫!
女性ならこの上に「メイク」をしますからね。メイクと日焼け止めのダブルブロックで、紫外線をカットすると考えればいいんですよ。

 

ファンデーションはパウダータイプを使おう!

日焼け止めとコンビを組ませたい「UVケアグッズ」として利用したいのがパウダーファンデーションです。

 

なぜパウダーファンデーションがいいのかというと、パウダーファンデーションは「粉」でできており、肌につけたときも粉の密度が非常に高いので、紫外線をはじき返すのにとても役立つんですよね。なんといっても、紫外線がパウダーファンデーションの粉自体を貫通することはほとんどありませんから。

 

つまり「パウダーファンデーションで大半の紫外線をはじき返し、残りの紫外線を、日焼け止めでブロックする」という
2段構えのUVケアをするのがいい、ということです。

 

じゃあクリームファンデーションやリキッドファンデーションはどうなのかというと・・・もちろんこれらにも粉は使われていますが、パウダーファンデーションと比べると密度が低いので、紫外線カット効果は落ちてしまうのです。

 

それに、「肌の負担を軽くする」という点で考えても、パウダーファンデーションを使うのが正解なんですよね。

 

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは油分が多く、さらに肌にすりこむことで毛穴詰まりの原因にもなりやすいという大きなデメリットがありますが、肌に乗せるようにつけるだけのパウダーファンデーションなら、その心配も少なくなるというわけです。

 

ちなみに、「パウダーファンデはすぐに化粧崩れする」と思っている人も多いですが、スキンケアの美容液等の段階でしっかりと保湿ができていれば、パウダーでも化粧崩れは起こりにくくなります。近年ではカバー力の高いパウダーファンデーションも増えてきていますので、食わず嫌いをせずに使ってみましょう!

 

STEPCニキビ発生、悪化予防のUVケア方法記事一覧

 

「紫外線は肌に悪い」というのはよく言われていますが、では実際に肌に紫外線がどんな悪影響を与えるのか、と聞かれると、「シミができる」「シワができやすくなる」など、シミとシワの問題について答える人が圧倒的に多いです。もちろんそれも正解なのですが、紫外線が肌に与える悪影響はそれだけではありません。実は紫外線の悪影響は、顔のニキビにも大きく関わっているんですよ。紫外線を浴びれば浴びるほど、顔のニキビは悪化...