ニキビ跡の正しいケア方法

MENU

ニキビ跡の種類と正しいケアの方法

ニキビ跡といっても種類は大きく3つに分かれます。

 

肌がくぼんで凸凹肌になってしまう「クレーター」
炎症により頬が赤らんでしまう「赤らみ肌」
炎症により赤茶色のシミの様な「色素沈着」

 

この様に一概にニキビ跡といっても症状も原因も様々です。
そしてニキビより遥かに治りづらいとされていますので、早めのケアをお奨めします。

 

凸凹肌の「クレーター」型ニキビ跡について

ニキビ跡の中でも一番厄介な「クレーター」型。
ホームケアでの完治は難しく、医療技術を使っても完全に消す事は難しいです。

 

しかし、ニキビ跡に効果のある化粧品を使う事で、
化粧で凸凹肌を隠す事ができる程度に改善する事は可能となります。

 

間違った化粧品を使用するとさらに悪化してしまいますので気を付けましょう。

 

頬が赤らんでしまう「赤みのある」ニキビ跡について

ニキビは治ったのに赤くなってしまったという経験はありませんか?
ニキビがあった所に赤みだけがポツポツと残っている状態です。

 

赤みのあるニキビ跡の原因はニキビの炎症により、
その周りの血流が留まってる状態で起こってしまいます。

 

しかし、この「赤みのあるニキビ跡」はニキビ跡の中でも比較的軽症ですので
きちんと正しいケアをする事でホームケアで治す事は可能です。

 

茶色くシミの様になる「色素沈着」型のニキビ跡について

ニキビがあった部分が茶色くシミの様になってしまった。
実はそれも「色素沈着」型のニキビ跡の一種なんですよ。

 

肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常に行われていない事が原因で、
シミの様な「メラニン色素」が肌の内部に取り残されたままという状態です。

 

肌のターンオーバーを正常に戻す事で、色素沈着も徐々に消えていくのです。

ニキビ跡にはニキビ跡専用化粧品を使いましょう

ニキビ跡にも様々な種類があり、
本来ならその症状によって化粧品も変える必要があります。

 

しかし、そんな厄介なニキビ跡の為だけの化粧品
ニキビ跡専用の化粧水があるのをご存知でしょうか?

 

 

それがこちらの「リプロスキン」です。

 

グリチルリチン酸2Kという成分は消炎作用があり、
赤みのあるニキビ跡の炎症を抑えてくれます。

 

そして、ターンオーバーを促進してくれる有効成分も配合。
肌の生まれ変わりを促進してメラニン色素を素早く分解し、
茶色くなってしまった色素沈着を消してくれる効果もあります。

 

リプロスキンを使用した方達によると、
赤みのあるニキビ跡・色素沈着型のニキビ跡はもちろん
凸凹型のニキビ跡もかなり良くなったという方も大勢いる程です。

 

 

治りにくいニキビ跡が出来たからと言って諦めず、
ニキビ跡専用の化粧水で正しいケアを試してみてはいかがでしょうか?

 

※関連リンク※

 

ニキビの跡は化粧品で消せる?ニキビ跡の正しいケア方法関連ページ

ルナメアAC
大人ニキビの症状と肌の状態|ニキビケアに最適な化粧品は?