ニキビの改善方法

MENU

A:@生活習慣A紫外線対策Bクレンジング・洗顔の方法
この3点に気をつけてみてください

にきびができる主な原因はいくつかあげられます。

 

@生活習慣
当たり前のことですが、不適切な生活習慣は不健康な体を作ります。
それはお肌にとっても同じことです。

 

喫煙、睡眠不足、ストレス、食生活の乱れなどこれらはすべてお肌の不調につながり、にきびができやすい環境を作り出してしまいます。食生活を見直すこと、睡眠時間を増やすことなど、できることから始めてみましょう。

 

 

A紫外線対策
過去に比べ、現代の紫外線は強くなっています。対策はされていると思いますが、きちんと日焼け止めを行いましょう。
薬局などで安く売られている日焼け止めはほとんどが吸収剤と言われるもので作られています。

 

安く、伸びが良いので使用しやすいですが、お肌には負担となっています。効果がありそうだからとSPF50など高い数値のものを顔に塗りたくるのではなく、30くらいのものを使用し、塗り直しを行いましょう。

 

 

 

Bクレンジング・洗顔の方法
一日を過ごすとどのような汚れが顔に付着するでしょうか。紫外線対策で使用した日焼け止めはもちろん、メイク、汗をかくことで出た皮脂汚れ、外出時にあびる排気ガス、ほこりなど様々なものがお顔にとっての汚れとなります。

 

この汚れがお肌に残っていると炎症を起こし、にきびの原因となることがあります。
そのため、汚れ落としをしっかりと行う必要があります。

 

 

では、汚れを落とすためのクレンジングや洗顔はどのように行われていますか?例えば、乾燥肌なのに何十分もしっかりとしたクレンジングをしていると、必要な水分・皮脂まで洗い落してしまい、より乾燥を促して、にきびができる原因となります。

 

例えば、敏感肌なのに、汚れを落とすことに躍起になり、これでもかとゴシゴシと洗ってしまうと、お肌を傷つけてしまいにきびができる原因となります。圧力を加えすぎずに優しくゆっくり、丁寧に汚れを落としましょう。そして、お肌の調子を見ながらクレンジングや洗顔の時間を調節しましょう。

 

 

まずは、この3点に気をつけてみてください。個人差はありますが、お肌の状態に改善が見られるかと思います。