ニキビとメイク

MENU

A:おしろいかパウダリータイプのファンデーションを、
厚塗りにならない程度に使用しましょう。

ニキビは、過剰な皮脂分泌による毛穴の詰まり、ストレス、不規則な生活、便秘など
様々な要因で肌に現われるものです。

 

 

いずれにしても、ニキビができたときは、肌を衛生的に保つことが第一なのです。
ニキビの元となるアクネ菌を繁殖させないためにも、できるだけお化粧は控えたほうがいいですね。

 

 

でも、仕事の関係やフォーマルな席など、どうしてもお化粧をしなければいけない日もあると思います。
そいうった場合の、ニキビメイクをお教えしたいと思います。

 

 

ニキビが出来ている場合、なるべくリキッドタイプの油分が多いファンデーションは控えてください。
おしろいかパウダリータイプのファンデーションを、厚塗りにならない程度に使用しましょう。

 

 

また、きっちりメイクをしようとなると、顔全体が厚塗りになってしまい、肌にも良くありません。
そんなときは、ポイントメイクが効果的です。

 

 

アイメイクとリップメイクだけをいつもよりやや濃い目に仕上げることで、
ファンデーションをごく薄く重ねただけでも、しっかりお化粧したような印象になりますよ。

 

 

ニキビの上からお化粧した場合、帰宅したらなるべく早めにキチンと洗い落とし、
元の素肌に戻してあげることが先決です。