腕のニキビの治し方

MENU

A:「体を石鹸で洗うこと」「着るもの、シーツ等頻繁に取り換えること」

数年前の話ですが、子供が中学生になって部活をするようになると、
皮膚の汗腺がその運動量の汗についていけないのか、
顔中、背中、左右の腕にニキビが汚いほどできてしまった経験があります。

 

 

もちろんそうでない方も多いと思いますが、そうなってしまった場合、
家族はかわいそうで何かよくなる方法はないか試行錯誤してしまいます。

 

 

うちではまず、清潔にするということを心がけました。
着るもの、シーツ等頻繁に取り換えました。

 

 

けれどもニキビはひどくなる一方で、酷い部分が少しづつ移動していき、額から頬、首、
それがすこしましになると、左右の肘から腕の付け根の外側、背中と移っていきました。

 

 

 

何より清潔にすることが大切だとおもったので、
「体を石鹸で洗うこと、私のクレンジングで顔を洗うこと」をしつこく言い続けました。

 

 

真夏など腕が酷くて、露出しているし、学校で大丈夫かとちっらっと考えさせられました。
それが、秋を経て冬になると不思議なもので、腕と背中のニキビの化膿は収まり、汚いあとは残っていますが、
デコボコ感はなはなくなっていきました。